玉砂利を自宅の庭に敷き詰めよう|防犯対策に打ってつけ

様々なメリットのある防犯対策

防犯の為に設置しよう

考える人

日々の暮らしで、地震や火災等と同様に気を付けなければならないのが、防犯対策です。
施錠をしっかり行っていても、不審者の侵入を防げないことも多く、入られてからでは遅いです。
最近では、玉砂利が防犯対策の一環として注目されています。
人間の生活音は40〜50デシベルが一般的ですが、玉砂利は76.5デシベルの音が出るので、侵入者にとって不快な騒音になり、抑止効果があります。
76.5デシベルは、街中や掃除機の音等に相応します。
また、玉砂利は敷き詰めることで景観を美しく見せる効果もあります。
砂と砂の間に空気を含むことで保水効果があり、夏場は打ち水をすると地面の気温を下げられるので、メリットが多いです。
防犯ロックタイプには黒色と白色があり、少し踏んだだけで大きな音が出ます。
鳴き砂利タイプは、薄いグレーをベースに赤色が含まれた玉石で、全体的に明るい印象になります。
対する響砂利は、薄いグレーをベースに茶色が含まれており、落ち着いた雰囲気を演出します。
波黒石や玉石は黒色と茶色の単色でシンプルを求める方におすすめです。
外観や家の造りに合わせて好みの玉砂利を選ぶことができます。
玉砂利を敷く前には、まず除草を済ませておき、除草シートを敷いてから玉砂利を乗せていくと、綺麗に敷き詰めることができます。
玄関周辺や勝手口の裏口通路等あまり人が通らない場所に敷くと良いです。
玉砂利は、防犯対策はもちろん、住宅をより見栄えよくしてくれます。

侵入者の嫌がる庭造り

男の人

防犯対策にもなり、ガーデニングにも使える玉砂利ってご存知ですか。
庭に敷き詰めておくと、侵入者が踏みジャリリッジャリリッと電話のベル音くらいの大きな音で侵入を防止するという防犯グッズです。
5kgの袋で2,000円くらいから、玉砂利というと白をイメージしそうですが、ピンクやブラック、ココア色などカラーバリエーションも豊富、玉砂利一個の大きさも数種類あり、場所や用途に応じて選ぶことができます。
1平米あたり80kgくらいの玉砂利が必要と言われていますが、実際庭にどのくらい必要なのか判断に困ることもあると思います。
インターネットで検索すると、玉砂利を敷き詰めたい広さ縦・横・高さ(敷く厚み)の数値を入れると自動で計算してくれるサイトもありますので、利用すれば簡単に必要な分量を知ることができます。
また、玉砂利はガーデニンググッズ、防犯グッズを取り扱っているホームセンターやネットショップでも入手しやすいので、足りなかった場合はすぐに買い足すことが可能です。
玉砂利の音で侵入を防止するという対策はできましたが、庭にある高い木や生け垣など生い茂っていませんか。
外からの視線が気になり伸ばしがちですが、プライバシーは守られても、侵入者にとっては外から見えない侵入しやすい空間になってしまいます。
プライバシーが丸見えでは困りますが、適度に外から視線が入るように工夫し、玉砂利の音効果と外からの視線効果で一層防犯効果の高い庭になるでしょう。

扱いやすさも魅力

玉砂利

不審者の侵入を大きな音で知らせる「玉砂利」が今、人気となっています。
防犯用に開発された玉砂利は踏んだときの音が特に大きく、家の中にいてもすぐに気づくことが可能です。
そのため侵入をすぐに察知して安全を図ることもできますし、侵入者自身が音に驚いて逃げ出す可能性もあります。
このように非常に高い防犯効果が期待できる玉砂利ですが、人気の秘密はそれだけではありません。
まず、入手が非常に容易なこと。
防犯用品を扱う通販サイトなどでも販売されており、誰でもすぐに手に入れることができます。
また、扱いが容易なのも大きな魅力です。
玉砂利は石なのでとても重いイメージがありますが、防犯用のものは非常に軽くできているのが特徴。
わざわざ専門業者を頼まなくても自分で簡単に設置することができます。
もちろん女性でも大丈夫です。
防犯用ではありますが、見た目は普通の石そのもの。
庭や玄関などに敷けば日本庭園のようなおしゃれな趣があります。
防犯効果を高めるためにはあまり人の通らない家屋の裏などに敷くのが効果的ですが、こうした場所に石を敷くことで雨が降ったときでも通路を泥だらけにしないですみます。
さらに土の上を玉砂利で覆うと雑草の種が土に到達しにくくなるので、雑草が生えにくくなるという効果もあります。
防犯効果はもちろんですが、こうしたその他のメリットも数多くあることや扱いやすさなども人気の大きな理由となっています。
これなら誰でも抵抗なく導入することができるでしょう。